ニラの効能・効果とおいしい食べ方

野菜別食べ方ニラ, 効果・効能, 美味しい食べ方野菜別食べ方, 効果・効能, 美味しい食べ方


ニラの効能・効果とおいしい食べ方

ニラとはどんな野菜なのか?

「日本書紀」「古事記」にも登場するとされるニラ。その語源は「美味しい」という古語『ミラ』が変化したとされています。ニラは他の野菜と比べても生長が早く、年に何度も収穫することができるという特徴があります。自宅でも簡単に栽培できる野菜でしょう。日本では千葉県、栃木県、高知県などで作られています。漢方薬としても使用されているほど、その栄養価と効果は絶大です。
ニラには葉ニラ以外にも、黄ニラや花ニラがあります。黄ニラはアクが弱く、甘味が強くて歯ざわりも柔らかいのが特徴です。反対に花ニラは、葉ニラよりも歯ごたえがあり、コクも強めです。

ニラの効果・効能

栄養豊富なニラには、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンC、さらにはカルシウムも入っています。特にビタミンAの含有量は、他の緑黄色野菜と比べても群を抜いているでしょう。ニラには消化を促し、内臓の動きを活発にする力があります。
また、血行も良くすると言われているので、風邪をひきかけている時に食べるといいとも言われています。他にも、ガンや生活習慣病を予防してくれる働きも期待できます。

ニラの美味しい食べ方は?

ニラは餃子の具にする以外にも、炒め物やお浸し、煮物にもすることができます。どんな具材にも合わせやすく、特に肉・レバー・たまごと相性がいいとされています。魚介類なら貝がよく合うでしょう。濃い味付けにも負けることがないので、香辛料を使用しても美味しくいただけます。
葉の先が折れていないもの、柔らかなものが美味しいニラです。ニラは一度しなびてしまうと、二度と元に戻りません。そのため、葉が傷付かないようにラップなどで包んでから冷蔵庫に入れて保存することをおすすめします。

おわりに

ニラには特徴的な香りがありますが、上手に調理すれば健康を維持するのにとても役立ちます。今まではあまり手にとったことがなかったという方も、一度メニューに加えてみてはいかがでしょうか?栄養満点なので、スタミナをつけたい時にもおすすめです。


PAGE TOP