ニンジンの効能・効果とおいしい食べ方

野菜別食べ方ニンジン, 効果・効能, 美味しい食べ方野菜別食べ方, 効果・効能, 美味しい食べ方


ニンジンの効能・効果とおいしい食べ方

ニンジンとはどんな野菜なのか?

ニンジンはセリ科に属する野菜です。意外にも、その品種は非常に豊富です。一般的に日本の市場に出回っているニンジンは「五寸ニンジン」という名称を持ちますが、他にもヨーロッパ型で丸みを帯びた形が印象的な「パリジェンヌキャロット」、全長50センチを越えることもある「大長ニンジン」、今では貴重なアジア型「金時ニンジン」などの種類があります。
もともとはアフガニスタン北部で生まれましたが、現在は世界中で生産されています。
1年を通して販売されているため、旬をあまり意識させない野菜でもあるニンジン。ですが、美味しい季節は秋から冬にかけてとされています。

ニンジンの効果・効能

ニンジンには貧血・高血圧・ガンなどの予防、免疫力アップ、美肌効果、血行改善、整腸作用などに役立つとされています。ニンジンは、サラダ、煮込み料理、煮物などに使用することが多い食べ物です。また、ジュースにしたり、ケーキなどのお菓子に混ぜたりすることもできます。使い勝手に優れている野菜だと言えるでしょう。その鮮やかなオレンジは、どんな料理も彩ってくれるでしょう。料理のアクセントにもぴったりです。

ニンジンの美味しい食べ方は?

ニンジンに含まれているカロチンは油と一緒に摂取するのがベターなので、サラダに入れてドレッシングをかけたり、ハンバーグやステーキの付け合わせにしたりするのがおすすめです。
なお、ニンジンのカロチンは皮のすぐ下に隠れていますので、皮を厚く剥いてはいけません。
ニンジンを選ぶ時には、色が鮮やかなオレンジであるもの、表皮がなめらかでつるっとしているもの、茎の切り口が小さいものを選びましょう。茶や緑に変色しているニンジンや、ひび割れたニンジンは美味しく調理できないので購入しないこと!湿気に弱い野菜なので、表面の水分を拭き取ってから冷蔵庫に入れましょう。常温で放置すると、味が落ちてしまいがちです。

おわりに

ニンジンはオールマイティにいろいろな料理に使用することができるうえ、栄養満点です。
その葉にも栄養がたっぷり入っており、ビタミンCやカルシウムが豊富。葉がついたニンジンを手に入れたら、それも含めて、ぜひ丸ごと味わってみて下さい。


PAGE TOP