1日に必要な野菜の摂取量はどれくらい?

野菜のコラム1日に必要な量, ダイエット, 生活習慣病予防野菜のコラム, ダイエット, 生活習慣病予防


1日に必要な野菜の摂取量はどれくらい?
1日に必要な野菜の量は、ずばり350グラムとされています。これは厚生労働省が推奨している量で、この量を目安にして食べるようにしましょう。
といっても、同じ野菜を350グラム食べるだけでは意味がありません。さまざまな野菜や果物を取り混ぜて350グラムを摂取しなければ、健康は保てないのです。

しかしながら、多くの人がこの量の野菜を摂取できていません。だからこそ、意識して野菜を摂らなければいけないのです。毎食、サラダなど野菜メインのメニューも用意して、1日で5~6皿(小鉢に置き換えても可能)は食べるようにしましょう。

忘れてはいけないのは、野菜だけではなく、ごはんなどの炭水化物、肉や魚などのタンパク質などとも組み合わせてメニューを作ること。
バランスのいい食事をしなければ、野菜を食べても意味がなくなってしまいます。

野菜は生活習慣病予防や、ダイエットにも役立つ

野菜をたくさん食べ、ビタミンやミネラル、食物繊維を摂取することで、生活習慣病の予防にもなります。ビタミンは炭水化物が体の中でエネルギーになるサポートをする働きがあり、ミネラルも人間が生きていくうえで欠かせない成分です。むくみを体外に排出してくれるカリウムも、野菜にたくさん含まれているミネラルの成分です。
緑黄色野菜を食べれば、カルシウムの摂取も問題なくできます。

野菜はたくさん食べても、カロリーは低く、それでいて満腹感を得やすい食べ物です。加熱すれば食べやすくなるので、肉や魚と一緒に蒸したり、温野菜サラダにしたり、鍋の具材にしたりなどアレンジして食べるのがオススメです。もちろん、サラダや和え物、お浸しなどにして食べても美味しく食べられます。

旬の野菜を選べば、より美味しく食べられる

毎日野菜を摂取するなら、忘れてはいけないのが「旬」。野菜は旬とそうでない時には、含まれる栄養素の量もまったく異なります。旬の野菜を上手に取り入れれば、栄養満点で美味しい食事を作ることができます。

野菜を食べないとどうなる?

それでは、1日に必要な野菜の適量を摂取できない状態が続くとどうなるのでしょうか?
まず、お肌にトラブルが起こりやすくなります。ニキビができたり、乾燥肌になってしまったりという状態が続くでしょう。また、免疫力も低下します。免疫力が低下すると風邪をひきやすくなりますし、他の病気にもなりやすくなります。生活習慣病のリスクも増加するとされているんです!「野菜を食べないくらい、どうってことはない」なんて思ってはいけません。後から病気になっても遅いのです。

おわりに

毎日野菜を食べ続ければ、どんどん体が変わってきます。「肌がキレイになる」「痩せる」という効果も期待できますし、免疫力のアップにも役立つでしょう。
意識して野菜を摂取するようにしましょう!


PAGE TOP